一日で組み立てる仙台のオフィス

"one day made" office in Sendai
2014.11.18

一日で内装の施工をした仙台のプロジェクト。

まず依頼から竣工まで一ヶ月というタイトなスケジュールで始まった。

遠隔地という条件も重なり、施工をシンプルにすることを考えた。

また設計としては、密度の高い「執務スペース」に対し、「休憩•打ち合わせスペース」を出来る限り大きく取り、働く環境に余白を作ることを目指した。

それらの領域を分割し、且つアーティストによる植栽やサインなどをとりつけるためのスチールフレームワークを考えた。

最終的に、電気、内装、家具植栽をそれぞれ一日づつの工程を組むことが出来、内装施工後に、そのスチールフレームに植栽が取り付けられ、家具が置かれた。

Sendai project was constructed  in one day. The project began with a tight schedule that one month from request to completion.

And the site is remote area from Tokyo. So construction system was considered to be a simple.

Also, as the design, we thought high density office space and break/meeting space to as much as possible.

To split the area, we designed the steel framework. And it would be margin for participation of green artist and furniture.

Finally, proccess was divided into four which are electrical proccess, interior process, furniture process, green process. And each process needs each one day.

After interior construction process, furniture and green were placed.

Those participants are as color of space.

th_bef-front-allth_bef-stepth_bef-sideth_bef-打ち合わせスペース-001ツバメアーキテクツが用意した下地が参加の余白をつくる。

Tsubame Architects made framework for participation.