WWF PANDA BLACK

2013.11.01

TOKYO DESIGNERS WEEK2013での「PANDA BLACK」のためのブースデザイン。

「PANDA BLACK」は環境保護団体WWFと染物屋京都紋付のコラボレーションによるプロジェクトで、ちょっとした汚れや傷で着られなくなった服を黒く染めなおし、服をもう一度着る=「REWARE」をコンセプトに服のエコを考えるというものです。このプロジェクトの皮切りとして、提供者を募集して集められた20着の服が実験的に黒く染められ、TOKYO DESIGNERS WEEKで展示されることとなりました。

ブースデザインに求められたのは服を美しく見せる背景をつくること。

実際に染められた服を見てみると、繊細な染色技術によってそれぞれの服が持つ繊維の違いや模様などに反応するように様々な黒が生み出されていました。そこで、背景にもそのオーガニックな雰囲気を引き継ぎつつ染まる以前のそれぞれの服が連想できるような、白い種々の布を縫い合わせた一枚のカーテンをつくりました。そこに製作した吊りハンガーで服を展示し、床材には置くだけのフローリングパネルを採用しました。

このブースデザインは「貼る」「打付ける」などの解体が生じる製作方法ではなく「吊る」「置く」といった簡易な取付け、取外しの作業だけで全体を構成できるものとなっており、展示内容に見合うように全ての物が再利用できる仕組みとして試みられたデザインのエコを考えるプロジェクトです。

メディア:

TV ワールドビジネスサテライト2013年12月o1日

Link:

Panda Black http://www.wwf.or.jp/campaign/pandablack/

京都紋付 http://www.kmontsuki.co.jp

 

th_131028-WWF-001

131114-WWF2-812x1024th_th_th_131201WWF撤収