和室と学堂のある塾 AO義塾

Washitsu and Scuola di Atene (AO prep school)
2015.05.19

代々木にあるAO入試に特化した塾。

AO入試という、議論や論文を重視する入学試験のスタイルに対応した空間というのはこれまで見られなかった。

そこで本プロジェクトでは、「熟議」のための空間として、「松下村塾」と「アテナイの学堂」を参照した。

「松下村塾」空間は、畳とちゃぶ台が設えられ、姿勢を少し崩して長時間の議論を可能にし、床の間には塾是が掲げられる。

「アテナイの学堂」空間は、タイルやカウンターが設えられ、背筋を伸ばし緊張するような雰囲気を作り、本番にむけた面接の練習や表彰などに使われる。

それら性質の異なる空間を繫げる水平連窓には、長いカウンターを設え自習スペースとしたり、中央の空間の壁面に余白を大きく作り、ホワイトボードとスクリーンの機能を統合している。

また机は、「タングラム」を参照し、議論のスタイルに応じて、レイアウトを変形できるようにしている。

これからの社会を担う高校生が、歴史観の中で学び、余白をうめるように熟議の空間をたちあげていくことを目指している。

また設計をするにあわせ、中学高校生らと二度ワークショップを実施した。

二回目のワークショップは高校生教育再生会議の関連企画として催された。

- – – -

Cram school specializing in AO entrance examination in Yoyogi.
AO entrance space was not observed up to now.
Therefore, this time, as a space for the Deliberative, “Matsushita Sonjuku” and “The School of Athens” was reference.
“Shoukasonjuku” space has tatami and low dining table.
It is for a long time of discussion, Jukuze(message) is listed in the alcove.
“The School of Athens” space has tiles and counter.
It makes a tense atmosphere, and used in practice of debate of the interview and awards ceremony.
Horizontal continuous windows connects these two different spaces.
And self-study space nestled a long counter there.
Also walls of the central space has a large margin.
It integrates whiteboards and screen.
Moreover desk, which is refered to “Tangram”, is changeable depending on the style of the discussions.
High school students can learn in a historical perspective between these two spaces. And we hope them to fill the blank space with their discussion.
And we had workshop two times with junior high school students and high school students.
And “deformation desk” which was seen in the workshop was adopted.

面積:150㎡
完成年月:2015年5月
施主:株式会社WE Station
設計:株式会社ツバメアーキテクツ
施工:todo

th_ao-washitsu-close2 th_ao-washitsu-open2th_ao-washitsu2th_ao-greeceth_ao-greece2th_ao-main-30