[空間構成+リサーチ]移民の学校《Self Select: Migrants in Tokyo》 2017年

School for Migrants《Self Select: Migrants in Tokyo》 2017
2017.02.17

美術家 西尾美也氏のプロジェクトに空間デザインで参加し、「移民の学校」を作ります。

詳細はこちら:「ソーシャリーエンゲイジドアート展 社会を動かすアートの新潮流」

– – –

東京に暮らす海外からの移住者が、 街中で見ず知らずの日本人と衣服の交換を試み、その経験をもと に展覧会場で自分のための新しい服を作る。〈移住者〉と〈わたし たち〉という関係を通して、自らの装いや文化について、表現する ことや境界を越えることについて共に考えるための場を生み出す。

– – –

アーティスト:西尾美也

参加者:オーラン・ディスコール、ダン・ウェイカン、ノエミ・ゴメス・ロボ、パトリシア・ルーシド

空間ディレクター:ツバメアーキテクツ

リサーチ・イラスト:ノエミ・ゴメス・ロボ

映像ディレクター:西野正将

撮影・編集:高嶋直人(NPO法人アート&ソサイエティ研究センター)

ファッションディレクター:竹内大悟

助成:資生堂 特別協力:アフリカ屋、移住連、OGU MAG、港区国際交流協会

– – –

Tsubame Architects participate in art projects by Mr.Yoshinari Nishio. We make “School for migrants”.

The details “Socially Engaged Art: A New Wave of Art for Social Change”

– – –

Nishio will continue the series for SEA by inviting migrants in Tokyo to exchange clothing with Japanese citizens walking by on the street. Based on this experience, they will then have the opportunity to create original clothing at the exhibition venue. By forming a connection between “migrants” and “self”, we are given a new space for realizing the meaning behind our clothes that is closely tied to our cultures and how we can express this together to overcome borders.

– – –

Artist:Yoshinari Nishio

Participants: Orlane Discolle, Tan Weikang, Noemí Gómez Lobo, Patricia Lucide

Space director: TSUBAME ARCHITECTS

Research and drawings: Noemí Gómez Lobo

Movie director: Masanobu Nishino

Filming and editing: Naoto Takashima (NPO Art & Society Research Center)

Fashion director: Daigo Takeuchi

Grant: Shiseido

Special thanks: Africa-ya, Solidarity Network with Migrants Japan, OGU MAG, Minato International Association

nishioDay0 作業机、ミシン、ロックミシン、アイロン、トルソー、更衣室など、服飾学校としての設えを作りました。/ We made space as fashion-school with working desk, sewing machine, lock sewing machine, iron, torso, changing rooms etc.

sketchth_day1-3参加者4人の移民の方々に事前にファッションについてのインタビューを行ないました。出身国や日本のファッションを通したステレオタイプ、いまも残る伝統衣装などについて20枚のイラストに書き起こしました。/We interviewed four migrant participants about fashion beforehand. We wrote about 20 illustrations about “stereotypes” through their country and Japan, and the “traditional costumes” that still remain.

– – –

th_day1-1Day1 移民の方々へワークショップのガイダンスからスタート/Guidance about workshop for migrants.

– – –

21Day10 フェーズ1における、まちなかで服を交換するワークショップの成果を写真をプリントし会場に展示。そして第二フェーズへと変身。展示空間から、服飾工房へと様変わりし、移民の方々が実際に服を作り始めます。第一フェーズにおけるワークショップの成果に向き合う形で、それぞれの作業机が立ち現れました。

Photos of workshop in Phase1 are put on the wall. And we changed the space for Phase 2. Migrant participants will make their own clothes here. Their desk are towards to wall which has outputs of Phase1.